月別アーカイブ: 2014年12月

ニキビ肌は初めが肝心

未だにニキビに悩まされる私。若い時よりはかなりきれいになったけど大人ニキビは顎周りに出来しかも見苦しい。化粧をするから悪化するししないと目立って嫌だしと・・・

私は今ニキビで悩んでる若い子たちに言いたい。ニキビができたら肌を清潔に保つため綺麗に洗顔を。

そして皮膚科に受診を進めたい。

私の場合、若いころはニキビができても皮膚科に行かずむしろ潰したり遊びほうけて顔を洗わず寝たりした結果、一時的に悲惨な肌になりました。肌はぶつぶつだらけ。

顔は炎症してるので赤ら顔。色んなものを試しました。

固形石鹸がいいと聞けば固形石鹸に。特にオススメされたのはノンエーの石鹸でした。

あの化粧水はいいらしいと聞けばそれを買って使いました。

でも効果は変わらずで。化粧品屋で働いてるお姉さんはみな綺麗だから聞きに行ったりも。そこではシュウレン化粧水のことを教えてくれて私みたいに油分が多い肌には油分をとるしゅうれん化粧水がいいと。

使ってみれば脂症だった肌は脂がなくなりかなりの乾燥肌に。なのでこれはお勧めできません。

私の周りのニキビ肌から綺麗になった子はみんな皮膚科に通い外面から治していき次は食生活だったり睡眠だったりとお肌を気遣いやってるうちに綺麗になってます。

なのでやっぱり一番は皮膚科に行くのがいですね!

潰してしまって大後悔…

中学生になったくらいからでしょうか、わたしは鼻にできる白ニキビに悩まされていました。白く膿の溜まったニキビがいくつも…。鏡で見ると我ながら気持ちが悪くて、毎日憂鬱でした。
ニキビ用のクリームを塗ったり、ニキビ用洗顔料を試したり、はたまた水だけで洗顔してみたり…。いろんな方法を試してみましたが、どうしてもよくならず。
母に相談すると、
「ああ、そんなもん潰しちゃえば治るわよ」
と言われました。跡が残るじゃん、と言い返すと、
「若いんだから大丈夫よ。跡なんか消えちゃうでしょ」
思えば何の根拠もない言葉だったのですが、わたしはその言葉を信じ、できるニキビを片っ端から潰していったのです。
その結果が、あれから10年経った今でも残るニキビ跡。鼻は一面クレーター状にボコボコです。ニキビ跡治療用品を試したこともありますが、ほとんどが色素沈着などにしか効果がなく、わたしの鼻には使えないものばかり。化粧で隠そうにも、穴があいてしまっているので難しく…。
母一人を責めるわけではないですが、「どうしてあんなことを言ったんだー!」と思ってしまいます。母の言うことより、同じくニキビに悩んでいた同級生たちの言うことを信じればよかった…と後悔しきりです。

昨日私がした行動について

昨日は私の携帯に有料のアダルトサイトを観たのでその料金が未納になっているので連絡が欲しいとのメールが入っていました。

私としてはそんな有料のサイトを観た覚えが無かったのでそちらの会社に電話をしたらやくざまがいの人が出て請求金額がいくらになるかと聴いたら32万だと言われました。

私は腹が立ち裁判を起こすと言いました。そちらの方はどうぞ勝手に裁判をして下さいと言われてしまいました。

サイトの方は民事裁判をする葉書きを自宅に郵送をすると言いました。息子に相談をしたら何でそんな所に電話をしたのだと怒られてしまいました。

相手側に私の電話番号の履歴が残ってしまうので相手側からまた何か言われたらどうするのかと言われました。

怖くなって友人に相談をしたらまたこの様なメールが来たら無視をして警察に行った方がいいよと言われました。私は相手の人にやくざまがいの仕事をするなと言ってしまいました。

多分その会社の人は女の人をターゲットにしてメールを送って多額な金額を騙し取ろうという会社かと思います。

またこの様なメールが来たら知り合いの弁護士を通じて民事裁判か警察に訴えようかと思います。嫌な思いをして腹が立った一日になりました。

学校からのお知らせ、なぜ見せない?

高校2年生の弟の子どもが学校からの連絡通知を出したことが無いらしいのです。

母親がたまたま部屋を掃除したときに、連絡用紙が届いているのを見つけるらしいのです。

また、今は親同士の連絡網や学校からの緊急連絡網があり、それらは殆ど携帯メールやパソコンメールでやり取りするのです。携帯やスマホを持つ家庭が殆どであり連絡は携帯やスマホを使ってやり取りしている。我が家もメールでやり取りしている。

学校から親への連絡網により通知が在るのがばれて、親からうるさく言われる。大抵は期限が過ぎてから見つかることが多いのです。この問題が保護者が集まる会合の中でも話題になり、6、7割の家庭が同じような状況であることがわかったのです。

子どもから話を聞いてみると、見せると10倍ぐらいの言葉が返ってきたり、全く違う話に飛んでいって、いろいろ聞かれるので面倒だと言う話が大きな割合を占めていた。

また話を聞いてみると中学生から高校生になると大きな違いが出てくるらしい。

親から見ると、中学のときはよく言うことを聞いていたのに、高校生になって全然聞かなくなった。という声が多いのにびっくりした。中学から高校生になると、親も同じように付き合うのでなく、子どもの自主性に任せるといったことが必要なのかもしれないと思った。

親も子どもも独り立ちしない世界がいつまでも続いてしまいます。