その効果を初めは信じられなかった飲む日焼け止め

Young  woman relaxing and watching sunlight at summer

私は、普段から日焼け止めクリームを塗って、紫外線対策をしていましたので、正直な気持ちとして、飲む日焼け止めってどうなの?と思っていました。

おそらくそれは、毎日日焼け止めクリームを塗る、大変な手間からそう思ってしまったと思うのですが、飲むだけで、本当に紫外線からお肌を守ってくれるの?というのが、本音でした。

飲む日焼け止めの効果を実感した体験

uv2

ですので最初は、顔や首など、シミが出来てしまったら大変な箇所だけ日焼け止めクリームを塗って、その他、腕などを塗らないで外出してみました。

しっかりと紫外線が降り注いでいる中で、1時間くらい外出していたのですが、感想は、いつもよりも日焼けをしなかったということです。本当に、驚きました。

いつもは、赤くなりヒリヒリ感を感じるくらいになるのですが、それがなかったですので、これは効いているのではと感じました。

飲む日焼け止めのメリットとして、クリームのように、汗をかいても流れ落ちないということです。クリームの場合は、塗っているので、汗をかくことで塗り直しが必要になりますが、飲むタイプのものは、もう体の中からお肌を守ってくれる成分が含まれていますので、汗をかいても紫外線に強いのではと感じました。

ですので長時間、外にいなければいけない時などに、とても重宝するのではないかなと感じました。

美容家さんから学んだこと

shigaisen

また近所のスーパーなどへ、ちょっとした外出をする時なども、飲む日焼け止めはお肌を守ってくれます。

私は、日焼け止めクリームと日傘を、普段使い分けているのですが、ちょっとの外出の時は、日傘だけで用を足しています。

でも最近見かけた動画で、美容家さんが、実は地面からの照り返しの紫外線も、知らず知らずのうちに浴びているのだということをおっしゃっていました。

どんなに紫外線をカットしてくれる日傘でも、アスファルトからの照り返しからは無防備だということに気付かされました。

よくスキーヤーの方で、冬はそれほど紫外線が降り注いでいないのに、とても日焼けをされている方がいらっしゃいます。その理由として、紫外線の地面(積雪面)からの照り返しが主な理由ではないかなと思います。

ですので、照り返しの紫外線も侮れないと感じ、でもクリームを塗るほどでもない場合に(手間と感じてしまう)、飲む日焼け止めがあると、これもとても便利ではないかなと思いました。

最後に

私のように、クリームで紫外線対策をしていた方は、飲む日焼け止めにすぐにシフトすることは、なかなか難しいと思います。冒頭で触れたように、本当に紫外線からお肌を守ってくれるのかどうか、信じきれないというのが根底にあると思うからです。

従って、私が行ったように、負担にならない程度に、少しずつ飲む日焼け止めを、生活の中に取り入れていくことで、自然とその便利さに気付かされるのではないかなと思います。

お肌を内側から守ってくれる飲む日焼け止めですが、全てが体に優しい成分で作られていますので、安心して体の中に取り入れることが出来、信頼出来るものとなっているでしょう。

日焼け止めサプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>